言葉が胸で大渋滞 クラクション叩くよ

桜が咲いて花が散って 緑が芽吹いて心は萎んだ 真っ直ぐな子供だった私を置いて 私は大人になっていく 中学生の3年生の頃のことだ。 クラスに好きな男の子がいた。 落ち着いた雰囲気なのに 友達とジャレている時はとても無邪気で そんなところが好きだった。…

汚れた机を僕は夜に片付けた 何かが変わるかな

ねえ「好き」って何だっけ? 思い出せないよ 思い出せないよ ―やつつけ仕事/椎名林檎 20歳の頃の話だ。 その頃仲良くしていた子からご飯に誘われた。 いつも通り待ち合わせをしてファミレスへ行く。 そこで その子と彼の話を聞いた。 とても とても好きな人…

I see you shouting and yelling and struggling.

何を持っているとか 何を持っていないとか 自分には無理だとか どうせ自分なんか とか 人生は不公平なものだけれど “不平等なもの”では決してない。 誰もが平等に生を受けて 誰もが平等に生きる権利があり 誰もが平等に学ぶ権利があり 誰もが平等に信仰の自…

僕らに真実を 疑いようもない嘘を

頭の中を探す 嘘だと思ったこと 偽善だと思ったこと どうしたらやり過ごせるのか 人と人が付き合う上で “嘘のない関係”なんてものはあり得ない。 これは紛れもない事実だ。 嘘のない関係でありたいと願う気持ちは分かる。 けれど それを実行出来るかは また…

僕の呪文も効かなかった 夏の魔物に会いたかった

いつの間にか時間が過ぎて いつの間にか歳をとって もう17歳の私は どこにもいない ここに 17歳の頃から今までのことを少しずつまとめて書いていたら 自分の中から ここに全部移動してしまったようだ。 あの頃 感じていた気持ちをPCの画面を前にして文字にし…

さぁ、問題はこの消せないエレクトロライト

手にする度に見え方が変わる 時々取り出しては 自分の気持ちを確認する 私だけの タイムカプセル ずっと吹っ切れずにいた。 楽しい思い出だけじゃなくても 私には彼との日々そのものが重すぎる荷物だ。 どんな風に過ごしても 頭から振り払えずにいたのだった…

汚れてる野良猫にも いつしか優しくなるユニバース

大人になるということ 必要でも不要でも関係なく 様々な知識を頭の中に溜め込んでいくこと 自分の立ち位置を知ること “分相応”を覚えること 「純粋」から最も遠いところ 小学生の頃好きだった男の子、 小学生の頃まわりでモテていた男の子、 顔は関係なくて …

しかし何故に こんなにも目が乾く気がするのかしらね

目に映る風景はカラフルで 私のためになど 用意される訳もないと 思っていた景色だった 「恋」だと思い手を伸ばした 急に色褪せていくように見えた“それ”は 「恋」なんかじゃなかった 私の人生の中で唯一人 別れた後も交流のある人がいる。 あえて連絡を取…